情報公開

本日の水質分析結果

9月8日9:00現在

モニタリング井戸No.1 PH 7.0 導電率 78 ms/m
モニタリング井戸No.2 PH 7.6 導電率 56 ms/m
モニタリング井戸No.3 PH 6.8 導電率 71 ms/m
モニタリング井戸No.4 PH 6.6 導電率 73 ms/m
モニタリング井戸No.5 PH 7.3 導電率 40 ms/m
2期地下水集水ピット PH 6.8 導電率 46 ms/m
合流放流槽 PH 7.6 導電率 253 ms/m UV 1.88mg/L
放流水に含まれる放射性物質 不検出(9月6日)

なお、廃棄物の受入れにあたっては、放射性物質の濃度が8,000Bq/kg以下であることを確認しております。

定期水質確認

放流水水質分析結果

地下水水質分析結果( I 期/ II 期)

放射性物質確認

放射性物質に係る廃棄物の取り扱いについて自主管理規程を定め、受入基準(※1)ほか、埋立管理等を規定しています。放流水の放射性物質濃度測定値は、「定期水質確認」の項を参照ください。

※1 受入廃棄物において受入廃棄物において放射性物質濃度(134Cs及び137Csの合計)が8,000Bq/kg以下であること

放射能物質に係る廃棄物の取り扱いについての自主管理規程(pdf)

特定産廃・特定一廃の搬入量及び放射性物質濃度

>放射性物質確認について詳しくはこちら

事故由来放射性物質に汚染された地方公共団体からの廃棄物搬入量と放射性物質濃度

埋立エリア及び処分場周囲の空間線量率

定期的に空間線量率を測定し、埋立エリア内及び処分場周囲の安全を確認しています。