アラックス株式会社HOME > アラックスについて > ニュースリリース一覧 > 環境系トップシェアソフトウェアメーカー「株式会社エジソン」 との業務・資本提携のお知らせ

ニュースリリース

2007.08.31
アラックス株式会社 広報宣伝部

環境系トップシェアソフトウェアメーカー「株式会社エジソン」 との業務・資本提携のお知らせ

アラックスがエジソンの発行済株式51%を取得。
排出事業者向け廃棄物管理システムを共同で構築。
排出事業者の電子マニフェスト導入拡大を推進し、廃棄物管理システムのデファクト・スタンダードを目指す。
排出から最終処分までの処理フローと情報システムを融合し、信頼性を極めた廃棄物処理サービスを提供。後を絶たない不法投棄の撲滅を目指す。


アラックス株式会社(以下 アラックス 東京都新宿区西新宿 代表取締役社長 新井 隆太)と株式会社エジソン(以下 エジソン 茨城県つくば市 代表取締役社長 須永 裕毅)は、本年8月、下記の内容で、アラックスによるエジソンの発行済株式51%の取得を含む業務・資本提携を行いましたことをお知らせいたしま す。

1.提携の目的

今回の業務・資本提携は、現在両社が進めている総合的な廃棄物管理システム「ARMS (Arax Realtime Management System)」の開発を契機に、アラックスの廃棄物処理事業における実処理とエジソンの環境系情報システムの開発、販売実績という両社の持つ強みを融合 させ、排出事業者に対し、電子マニフェスト普及の促進と、徹底した廃棄物処理エビデンスの確保、排出から最終処分まで一貫した処理フロー・処理情報の共有 等、信頼性の高いサービスの提供を通して、「次世代型の廃棄物処理事業の構築と不法投棄の撲滅」という今の環境事業を取り巻く問題に正面から取り組むこと を目指したものです。

2.パートナー事業の内容

1)総合的な廃棄物管理システム「ARMS」の開発、運用
2)相互の営業チャネルに向けた包括的な処理事業、ソリューション販売部門の構築
3)顧客開発
4)商品開発
などですが、これら以外にも将来に亘った事業パートナーとして両社の企業価値を高める提携内容を様々な角度から検討して行きたいと考えています。

3.資本提携の内容

アラックスがエジソンの発行済株式51%を取得。

4.役員の相互派遣

アラックス、エジソン双方がパートナー事業を実施するにあたり、下記のとおり役員を相互に派遣いたします。

1)アラックスからエジソンへ派遣する役員
【取締役】
木下茂樹  アラックス株式会社 取締役副社長
大野敏昭  アラックス株式会社 経営企画部 担当部長
戸石達也  アラックス株式会社 経営企画部 担当部長
【監査役】
足立正之  アラックス株式会社 取締役CFO


■株式会社エジソンについて
株式会社エジソンは、環境系システムソリューションを専門に、約470社に及ぶ廃棄物処理事業者の業務管理系システムのパッケージ販売実績がある業界トッ プシェアのソフトウェアメーカーです。収集運搬車の動態管理、計量、売上管理等廃棄物処理事業者特有の情報処理ソリューションの構築、コンサルティングの 実績も多く、電子マニフェストへの取組みにも先導的な役割を果たし環境系ITソリューションベンダーとしても高い評価を受けています。

 
以 上


本件に関するお問い合わせ
アラックス株式会社 広報宣伝部 坂本 貴(さかもと たかし)
tak-saka@arax-g.jp
TEL:03-5323-0058