アラックス株式会社HOME > アラックスについて > ニュースリリース一覧 > 君津環境整備センター 汚染土壌処理業許可取得

ニュースリリース

2010.12.09
アラックス株式会社 広報宣伝部

君津環境整備センター 汚染土壌処理業許可取得

首都圏最大級の廃棄物管理型最終処分場「君津環境整備センター」

「埋立地では千葉県初」

汚染土壌処理業許可取得

新井総合施設株式会社(千葉県君津市 代表取締役社長 新井 隆太)は、このたび運営する管理型最終処分場「君津環境整備センター」において、汚染土壌処分業許可を千葉県知事から取得いたしました。

改正された土壌汚染対策法で定められた「要措置区域内の汚染土」の処分受入が可能となるもので、千葉県の許可のうち処分場としては第1号になります。最大の需要地である首都圏に最も近い処分先として、土壌の浄化、土地の再生に貢献して参りたいと思います。
<1:許可取得
取得日:平成22年11月30日
許可番号:第0120010002号

<2:新たに受入可能となったもの
産業廃棄物、一般廃棄物に加え、 汚染が基準値内であれば、発生場所の区域指定の有無に関わらず、汚染土壌の受入が可能となりました。

◆廃棄物処分場許可
・産業廃棄物  14品目
産業廃棄物処理業者(千葉県知事許可:第01230110159号) 
・一般廃棄物  ア.燃え殻 イ.ばいじん
一般廃棄物処理業者(特例一般廃棄物処理施設 千葉県廃第3422号) 
汚染土壌  NEW  ※下表参照
汚染土壌処理施設(千葉県知事許可:第0120010002)



◆汚染土壌処理施設の種類
受け入れられる特定有害物質 すべての有害物質
受け入れられる特定有害物質の状態 法施行規則第9条第2項の規定による第2溶出基準以下


◆土壌汚染対策法に対応
発生場所の指定のない区域 これまで通り埋立可能
発生場所が要措置区域 許可取得 NEW
発生場所が形質変更区域 許可取得(第2溶出基準以下の場合)NEW
汚染由来 人為的/自然由来
いずれの汚染由来も受け入れ可能です

<3:埋立処分場規模>
所有敷地内に着工済みの新規埋立地を合わせて、埋立容量は200万・。埋立面積は8.8ha。首都圏最大級の管理型最終処分場です。

 

既存埋立地

増設埋立地 合計
幅×奥行 360m×300m 180m×230m -
外周 1,045m 710m -
最大埋立高低差 40m 51.5m -
埋立面積 53,000・ 34,840・ 87,840・
埋立容量 107万・ 93万・ 200万・
以 上
本件に関するお問い合わせ
アラックス株式会社 広報宣伝部長 坂本 貴(さかもと たかし)
tak-saka@arax-g.jp
TEL:03-5302-6500